2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT   このページの上へ

2010'06.22 (Tue)

超音波式地盤調査

こんにちは、坂場です。

今日もブログをご覧いただき
本当にありがとうございます。

さて、昨日は
ご夫婦の敷地の地盤調査の日でした。

住宅の地盤調査としては
「スウェーデン式サウンディング試験」
が一般的ですが

今回のご夫婦の敷地の地盤調査方式は
工務店の提案による「超音波式」です。

超音波式は
正確には「表面波探査方式」といって

起振機によって地盤に振動を与え
検出器(センサー)で振動の波をキャッチし
コンピュータ解析処理によって
地盤の強さを判定する調査方法です。

建物の敷地の四隅と
敷地中央の5箇所で測定します。

CIMG0441s.jpg
※起振機

CIMG0443s.jpg
※検出器

それに対し、スウェーデン式は
スクリュー状になった鉄の棒を
敷地の四隅に深度10mまで回転貫入させて
その抵抗値を求め地盤の強さを判定します。

CIMG8747s.jpg
※スウェーデン式による測定の様子

スウェーデン式は
検査方法が簡便である点と
調査費用が安い点が長所なのですが

詳しい地層の確認ができない点と
れき・ガラ等があると貫入が困難になる点が
短所と言われています。

さらに、スウェーデン式の場合

地中の異物の識別がしにくく
結果の数値に安全値を見込むため
地盤改良が必要と判断されがち

とも言われています。

地盤改良が必要と判断されると
50万円~150万円の費用が
地盤改良のためにかかってしまいます。

それに対し、表面波探査方式は
地表面に一定の間隔で振動を与え
その振動波の跳ね返りを計測するため
正確な地盤データが出やすく

その結果として
地盤改良は不要となることが多い
と言われています。

1棟の調査費用は
スウェーデン式が4万円前後
表面波探査方式が6万円前後
とのことで

それほどの違いでもなかったため
今回は「表面波探査方式」を
採用することにしたのです。

そんな表面波探査による
地盤調査の現場にお邪魔したら

調査をしていたのが
女性の調査技師さんたった一人で
ちょっとびっくりしました(^^;

5年のキャリアだそうです。

CIMG0444s.jpg

お願いして
後姿だけ撮らせていただきました。



------------------------------------------------------

↓よろしければメルマガもご購読ください↓
新着情報を配信!アパート脱出大作戦のメルマガはこちら

下記のランキングサイトに登録しています。
内容が気に入ったらぜひクリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

不動産投資物件の検索ならHOME'S不動産投資

------------------------------------------------------

何か私に具体的に聞きたい質問などがありましたら
moneylife100@gmail.com
までご連絡ください。もちろん匿名でもけっこうです。

ご質問いただいた内容を
名前を伏せて公開させていただくこともありますが
きちんとお返事させていただきます。

マネーライフ研究会
主宰者 坂場美泉

------------------------------------------------------
スポンサーサイト
14:24  |  工事の進捗状況  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT   このページの上へ

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

このページの上へ

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://moneylife100.blog133.fc2.com/tb.php/18-3ca4633b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

このページの上へ

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。